未経験者にオススメ!AIが学べるプログラミングスクール2選(Python3)

未経験者にオススメ!AIが学べるプログラミングスクール2選(Python3)

ITエンジニアが不足している状況が続いています。なかでもAI、機械学習、ディープラーニングは今後も伸びていく分野なのに、圧倒的に人材が足りてない。それだけに、今AIを学んでおくと、将来は明るい。この記事ではオススメのAIが学べるプログラミングスクールを2つ紹介します。AIの分野においては、Python(パイソン)というプログラミング言語を使うのが一般的。なので、Pythonをベースにして学べるスクールに絞っています。

また、「プログラミングスクールにかかる料金が高すぎて払えない」という方のために、オススメの本も紹介しています。最後まで読んで参考にしてみてください。

 

 

未経験者にオススメのAIが学べるプログラミングスクール2選

Python3をベースにAIを学ぶことができるスクールを2つ紹介します。オススメのスクールを選ぶ基準として、下記の4つを重視しました。

・Python3の基礎を学ぶコースが用意されている
・プログラミング初心者殺しの環境構築が必要ない
・オンラインですぐに学び始められる
・AIを実務で活用したエキスパートが運営・監修している

 

特に4番目の基準の「AIを実務で活用したエキスパートが運営・監修している」というのがポイントです。というのも、「なんとなくAIわかった」では現場で全く役に立たないからです。理論を理解するのと、現場で実際に活用するのでは天と地ほど難しさが変わってきます。

AIと聞くと全てをスマートにこなしているような印象を受けますが、実際は汚いデータの泥臭い前処理を行っています。実務で経験した方が関わっているスクールでは実務に生かせることが学べるように作られているのでオススメできます。

では、オススメのプログラミングスクールを紹介します。

 

Aidemy(アイデミー)

aidemy - 未経験者にオススメ!AIが学べるプログラミングスクール2選(Python3)

アイデミーの特徴はなんといっても「人工知能に特化したプログラミングスクール」という点です。ホリエモンこと堀江貴文さんのYouTubeチャンネルでも紹介されてました。

 

 

堀江さんが動画内で「プロぐらいミングは言語。誰でもできる」という通り、ある程度のルールさえ覚えてしまえばできちゃいます。3か月で48万円という受講料。決して安くないですが、将来の自分への投資として考えると妥当です。アイデミーでは、現在のスキルに合わせてカリキュラムをどうすればよいか無料で相談に乗ってもらえます。気になったら、まずは無料相談してみてください。

 

>> アイデミーの無料オンライン相談はコチラ

 

 

PyQ(パイキュー)

pyq - 未経験者にオススメ!AIが学べるプログラミングスクール2選(Python3)

「アイデミーの受講料が高すぎる…」という方にオススメなのがPyQです。こちらは月額利用できるサブスクリプションサービス。気軽に始められて、学びたいだけ学んでスパッと辞められる気軽さがよいです。とはいえ内容は本格的。

Python3の基本的な文法から実務で役立つプログラムの書き方まで学べます。AIや機械学習だけでなく、Djangoを使ったWebアプリ開発やWebスクレイピングについてもコースが用意されています。技術本を1冊買うくらいの金額(3000円ちょっと)で学び始められるので、とりあえず試してみるのがオススメです。

 

>> PyQについて詳しくチェックする

 

 

 

できるだけお金をかけずに独学でAIを学ぶ方法

プログラミングのオンラインスクールは魅力的だけど、必要最小限のお金で独学で学びたい。そんな方のために、Python3と実務に役立つAIを学べる本を別記事にまとめました。チェックしてみてください。

PythonでAI学習を始める初心者必見!オススメ入門本2冊

PythonでAI学習を始める初心者必見!オススメ入門本2冊

 

 

助成金でプログラミングスクールに通う方法

プログラミングスクールに通うとなると、まとまったお金が必要になります。IT人材の育成は国も力を入れている分野なので、いくつか助成金があります。在籍している会社で利用できる助成金がないか、チェックしてみてください。

プログラミングスクールに入るときに利用できる助成金とは?

プログラミングスクールに入るときに利用できる助成金とは?

 

 

まとめ

この記事では、未経験者にオススメのAIが学べるプログラミングスクールを紹介しました。新しいことを始める時、慎重になってしまいがちです。リスクは最小限におさえたいですし、失敗したくないですからね。でも長い目で見ると、「実は失敗しないことが、一番の失敗だった」なんてことも多いです。「やってみたい」と思ったら、まず飛び込んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください