PythonでAI学習を始める初心者必見!オススメ入門本2冊

PythonでAI学習を始める初心者必見!オススメ入門本2冊

プログラミング言語Python(パイソン)でAIを学びたい。そういったニーズが高まっています。AI、いわゆる人工知能分野は将来有望な分野だからです。とはいえ、プログラミング未経験者がいきなり数学理論や数式だらけのガチガチの本を読んでも挫折します。

この記事ではプログラミング未経験者がPythonの使い方とAIの使いこなしポイントを身に着けるために最適な入門本を2冊紹介します。

 

PythonでAI学習するときのオススメ入門本2冊

初めに学ぶ本はできるだけ少ない方がよいです。しかし、プログラミング言語の使いこなしとAI学習が一緒になっている本は未経験者にはチンプンカンプンなものばかり。
そこで、

(1)Pythonというプログラミング言語の基本的な使い方を覚える
(2)実際の現場で必要になるデータ加工や機械学習について学ぶ

の2段階に分けて学ぶ流れを提案します。

 

(1)Pythonというプログラミング言語の基本的な使い方を覚える

Pythonというプログラミング言語の基本的な使い方を覚える

データ分析やAIの分野で注目のプログラミング言語「Python」(パイソン)はシンプルで学びやすい言語です。それでも本によっては説明がスッと入ってきません。特にプログラミング未経験者にとっては、解説がやさしいことが重要です。読み終える前に挫折してしまっては意味がないですから。

この本は、JavaやC言語といった他の言語の入門本も好評のスッキリシリーズの1つです。シリーズ累計40万部も売れている安定の入門本。初心者がつまづきやすいポイントを重点的に丁寧に解説してくれています。初めの一冊はこれで決まり。

 

>> スッキリわかるPython入門 (スッキリシリーズ)

 

 

(2)実際の現場で必要になるデータ加工や機械学習について学ぶ

実際の現場で必要になるデータ加工や機械学習について学ぶ

最近、家庭教師のトライのCMで「AIに学習データを食わせてる」という表現が使われていました。機械学習では、分析のためにデータを読み込ませる工程があります。しかし実際の現場では読み込ませる前の処理が一番重要です。必ずしもキレイに整ったデータがそろっているわけではないですから。

この本は、分析結果の精度にモロに影響を与える前処理の部分から実践形式で学ぶことができます。100個の例題がすべてソースコード付きで解説されています。実際に手を動かしながら、どういった処理を行っているのかを学べます。

 

>> Python実践データ分析100本ノック

 

 

 

まとめ

この記事では、PythonでAI学習するときのオススメ入門本2冊を紹介しました。独学で本で学べる部分も多いですが、初心者にはハードルが高い部分もあります。エキスパートに質問をしながら学んでいきたいという方はプログラミングスクールで学ぶのがオススメです。

AIを実務で活用したエキスパートが教えてくれるプログラミングスクールをまとめた記事があるので、チェックしてください。

未経験者にオススメ!AIが学べるプログラミングスクール2選(Python3)

未経験者にオススメ!AIが学べるプログラミングスクール2選(Python3)

 

今の熱情を忘れずに、AIプログラマーへの道を突き進んでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください