注目!ホリエモンがおすすめしているプログラミングスクールの特徴

ホリエモンがおすすめしているプログラミングスクールは何が違うのか?

ネットでプログラミングスクールを検索すると、「ホリエモンがおすすめしているスクールがある!」という情報を見かけます。ホリエモンがオススメしているからここに決める!とすぐにアクションを起こす猛者もいます。が、なぜそのスクールをおすすめしているのか気になったのでて調べてみました。プログラミングスクールを探している方の判断材料の一つにしてください。

 

ホリエモンがおすすめしているプログラミングスクールは何が違うのか?

ズバリ、ホリエモンがおすすめしているプログラミングスクールはTECH::CAMP(テックキャンプ)です。すぐにテックキャンプをチェックしたいという方は公式サイトをチェックして見てください。

 

>> TECH::CAMPの公式サイトはコチラ

 

なぜホリエモンがテックキャンプをおすすめしているのかを、テックキャンプの代表の方とホリエモンの対談を読んで分析してみました。ホリエモンも感心したテックキャンプの一番の特徴は「ライザップと同じ形式だから」です。

ビフォーアフターのCMで有名なライザップは、筋トレしながらダイエットを成功させるパーソナルトレーニングジムです。なぜプログラミングスクールがライザップと同じなのか?その答えはライザップが成功した理由にヒントがあります。そう、「結果にコミット」のアレです。

 

 

ライザップが成功した理由

トレーニングジムは色んな種類のものがあり、ダイエットを目的にジムに通う人も多くいます。その中でライザップが抜きんでて有名になり、安くはないトレーニング料を支払ってでも通いたいという人が後を絶ちません。なぜなら結果が出るからです。

キャッチフレーズとして「結果にコミット」と言っていますが、ライザップに通うことで理想の体を手に入れる人が多くいるから、そのキャッチフレーズが使えるんだと思います。で、なぜ結果が出るのかというと、ライザップではコミュニケーションを重視しているからです。

筋肉トレーニングや栄養管理などについて説明できる人は多くいますが、モチベーションや進捗管理のケアまでしてくれる人はとても少ないです。ライザップはそのあたりが普通のジムとは違います。専属トレーナーが二人三脚でサポートしてくれます。テックキャンプもライザップと同じようにコミュニケーションを重視しています。

 

 

テックキャンプではプログラミング指導とモチベーション管理の2人体制

テックキャンプではプログラミング指導とモチベーション管理の2人体制

テックキャンプのすごい所は、プログラミング指導をしてくれるスタッフとは別で、モチベーションや進捗についてケアしてくれるスタッフが付いてくれる点です。一般的にプログラマーはコミュニケーションが苦手な人が多いです。プログラミング技術は高くても、生徒のモチベーションのケアまでしてくれません。

そのプログラマーのコミュニケーション下手な部分をカバーする形で生まれたのが、モチベーション管理スタッフです。モチベーション担当のスタッフを配置することで研修を最後まで走り切らせてくれる、というのがテックキャンプの最大の特徴です。

インターネットでどんな情報でも手に入れられる現代において、無料で独学でプログラミングスキルを身に着けることも可能です。それでも一人で独学で継続できる人はごくごく少数でしょう。モチベーションのケアのしっかりしているプログラミングスクールを利用して短期集中で必要最小限のスキルを身に着けて現場に飛び込むというのは賢い方法です。

 

 

なぜホリエモンのオススメが参考になるのか?

ホリエモンがおすすめしているプログラミングスクール、というのが注目をされていますが、そもそもなんでホリエモンがオススメしたら信用できるんでしょうか?一方的な情報に流されたくない僕はホリエモンについても調べました。

ホリエモンはITバブルの時代に自らが立ち上げたライブドアの社長をやっていて、今もビジネスで成功をおさめている、という印象は多くの人が持っています。メディアに取り上げられる所では小型のロケットを開発して飛ばしてたりしますよね。ライブドアやその前身であるオンザエッヂ、さらに前の学生時代からホリエモンはプログラマーとして頭角を現していました。

当時勢いのあったPerl(パール)というプログラミング言語を使って、多くのシステムを作ってきた実績があります。現在アメブロやabemaTVを運営しているサイバーエージェントが創業まもない頃に、クリック広告のシステムを構築したのもホリエモンでした。

そんなプログラマー出身のホリエモンがおすすめしている、ということでテックキャンプに注目が集まっているんです。プラスアルファとしてホリエモンは実業家としても超のつく一流です。費用対効果についてはシビアな見解を持っていますし、自身のネームバリューも相当高いです。「そんなのやっても時間の無駄」と思う事にはお金をもらっても「これいいね」とは言わないでしょう。これらの理由からホリエモンのおすすめは参考になる部分が多いと言えます。

 

 

ホリエモンおすすめのプログラミングスクールTECH::CAMP

「プログラミングスクールでプログラミングを身に着けて、人材不足と言われているIT業界で活躍したい!」そんな風に思っている方は、テックキャンプをチェックしてみてください。

 

>> TECH::CAMPの公式サイトはコチラ

 

テックキャンプは高いレベルでサービス提供しているので、他のプログラミングスクールを選ぶ際にもテックキャンプを基準として判断することができます。「このサービスやアフターケアはテックキャンプにあるけど、別のAスクールには無い」という風に。一度チェックしておいて損は無いです。

 

 

独学でプログラミングを身に着ける場合

ここまでプログラミングスクールの話をしてきましたが、独学でプログラミングを身に着けることも可能です。実際に僕はプログラミングスクールなどに通ったことはありませんが、今では業務用WEBアプリを作って運用しています。回り道も多かったですし、今も悪戦苦闘していますが(笑)そんな僕がどのようにしてプログラミングを独学で身に着けてきたかを記事にまとめました。

参考になる部分もあると思いますので、チェックしてみてください。

【体験談】ゼロから始めるプログラミング生活!僕が独学で学んできたイバラの道

【体験談】ゼロから始めるプログラミング生活!僕が独学で学んできたイバラの道

 

 

まとめ

プログラミングを身に着けると、できることが一気に広がります。AIや様々な仕事の自動化、IoTやフィンテックなど、プログラマーが必要になってくる市場はどんどん広がってきています。今、プログラミングを身に着けておくことで、これから先に重宝される人材になれると言っても過言ではないです。

誰だって最初は初心者です。まずは一歩踏み出すことから始めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください