初心者にオススメ!PHP入門書5選~PHPを本で学ぶならこの順番で

独学でプログラミングを身に着けた僕がおすすめするPHP入門書5選~PHPを本で学ぶならこの順番で

「プログラミングを独学で学びたいんだけど、どの本で学べばいいかわからない。」
「プログラミング関連の本は高いので失敗したくない。」
「できるだけ回り道したくない。」

独学でプログラミングを始めた時に僕が思っていたことです。僕の場合は「とにかく気になった本は手あたり次第買っていく」というスタイルで乗り越えてきました。でも無駄が多かったのも事実です。これから独学でPHPを学ぼうという方に回り道を避けてほしい。そんな思いでオススメ本をまとめました。

 

対象の読者

この記事は「初心者からWEBアプリケーションが作れるエンジニアになりたい」という方が主なターゲットになっています。というのもこの記事ですが、実際に僕が「WEBアプリを作れるようになりたい」という初心者の後輩に教えた時の内容をベースにしているからです。

作りたいものによって最適なプログラミング言語は変わってきます。スマホアプリを作りたい、3Dゲームを作りたい、といった希望を持つ初心者の方は、この記事の下の方にある「プログラミングを学ぶときの本の選び方」が参考になると思います。チェックしてみてください。

 

とりあえずの目標

やみくもにプログラミング本を読んで、実践しても遠回りになってしまいがちです。もちろん「やり方なんて関係ねぇ!とにかくゴリゴリ書いて、試行錯誤していけば、いずれ極みに到達するさ!」というアツいノリも嫌いではないですが、無理は禁物。挫折につながってしまいますので。手を抜けるところは抜いていきましょう。時間は有限ですしね。

ということで、この記事で紹介している初心者の方のとりあえずのゴールは以下の3つになります。

(1)PHPでログイン/ログアウト、ユーザーロールごとのアクセス権限の実装
(2)PDOを使ったMySQLへのCRUD処理の実装
(3)jQuery+HTML+CSSで動的なUIいじり

「PDO」とか「CRUD」とか意味不明なワードが出て来てますが、グーグルで検索すると意味がわかると思います。「自分で検索して、実際に動かしてみてイメージを固めていく作業」というのはプログラミングを覚える際にもとても重要になってきます。上記の目標に出てくる単語の意味が分からない場合は調べてみてください。この段階では、とりあえず雰囲気だけつかめればOKです。

 

 

独学でプログラミングを身に着けた僕がおすすめするPHP入門本5選

僕が選ぶプログラミングオススメ本は、どれも「具体的な成果物が明確になっている」ものが多いです。文法を覚えることも大事ですが、実際に何かを作り上げて動かしてみる。そして改良してみる、というのが一番の近道だと実感しているので、そういった選び方をしています。では、順番に紹介していきます。

 

オススメPHP入門本(1)いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

オススメPHP入門本(1)いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

>> 「いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~」の詳細はコチラ

 

この本では【掲示板】を完成させることができます。PHPを学ぶって言ってますが、PHP以外にもHTMLやCSS、JavascriptやMySQLといったものを組み合わせないと役に立つものは作れません。この本はそのあたりをバランスよく学べるようになっているので、初めてPHPを触るという方にオススメです。

著者がプログラミング初心者向けに教室を開いて、初心者のつまずきポイントを把握しているということも、この本が優れている理由の一つです。読むだけでは身に着かないので、実際に打ち込んで動かしてみましょう。

 

 

オススメPHP入門本(2)気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

オススメPHP入門本(2)気づけばプロ並みPHP 改訂版--ゼロから作れる人になる!

>> 「気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!」の詳細はコチラ

 

この本では簡易的ですが【ショッピングカートシステム】を完成させることができます。本の表紙デザインを見て気づいた方も多いと思いますが、オススメ(1)と同じ著者の本です。

フルスクラッチといって、全部手作りするので細かい仕組みなどの理解が深まります。また、本書の後半では「注文データをCSVダウンロードする機能」や「お客様による会員登録機能」「会員登録したお客様のかんたん注文機能(住所などを入力しなくてよい)」が実装できます。

実際の現場ではEC-CUBEやLaravel、CakePHPといったCMS・フレームワークを使うケースが多いです。CMSやフレームワークを利用すると便利なんですが、裏で何が動いているのかを知らないままにプログラミングしてしまう危険性もあります。基本を押さえておかないとCMSやフレームワークが標準でカバーしていないことを実装し始めた途端に訳が分からなくなってしまいます。そういった意味でもフルスクラッチでカートシステムについて学べるこの本は貴重です。

この本で完成したカートシステムは、デザインとセキュリティ部分を強化して改良を加えれば小規模案件でそのまま実運用することも可能です。

 

 

オススメPHP入門本(3)PHP7+MariaDB/MySQLマスターブック

オススメPHP入門本(3)PHP7+MariaDB/MySQLマスターブック

>> 「PHP7+MariaDB/MySQLマスターブック」の詳細はコチラ

 

この本では【会員管理システム】を完成させることができます。本のタイトル通り、PHPとMariaDB/MySQLを利用したシステム構築について学べます。僕がこの本で一番参考になったのは「管理者と一般会員で、ログインしたときの表示をどうやって分けるか?」という疑問への答えが得られたことです。

多くのWEBサービスで当たり前のように会員登録とログイン機能、権限の付与が行われています。僕はワードプレスを管理者しかログインしない形でしか使ってこなかったので、管理者とユーザーでどうやってログイン後の表示を変えればいいのか?ということを実装レベルで理解できていませんでした。

この本の会員管理システムを実装して、色々試していく過程で、認証・認可について深く理解していくことができました。フレームワークを利用すると、そのあたりが簡単に実装できるようになっていますが、根本で何が行われているかは知っておいた方が応用が効きます。

 

 

オススメPHP入門本(4)PHP逆引きレシピ 第2版

オススメPHP入門本(4)PHP逆引きレシピ 第2版

>> 「PHP逆引きレシピ 第2版」の詳細はコチラ

 

この本は、「これを実現したいけどどうすればいい?」=>「こうやってPHPを書けば実現できるよ!」という感じのレシピがズラーッと並んでいます。オススメ入門本(3)までしっかりと実装して学んできた方であれば、この逆引きレシピに書いてある機能をレゴブロックのように組み合わせて、欲しいものを作れるようになっています。

「こんなんあったらいいな~♪」というものを作って公開して、友達に使ってもらってフィードバックをもらいましょう。個人的にはこの本めっちゃ良書なんですが、PHP5時代に書かれてるんです。PHP7版にして改訂とかを淡く期待しています。

 

 

オススメPHP入門本(5)パーフェクトPHP

オススメPHP入門本(5)パーフェクトPHP

>> 「パーフェクトPHP」の詳細はコチラ

 

この本もロングセラーの良書です。中でも僕が一番勉強になったのが「フレームワークをフルスクラッチで実装してみる」部分です。本の中でも書かれていますが、「特定のフレームワークを取り上げてもいいんだけど、フレームワークは開発がドンドン進んでいくので本に掲載すると情報がすぐに陳腐化してしまう。だからコアの機能をフルスクラッチで書いて中身を理解してほしい。」という著者たちの想いが込められてます。めっちゃ本質的。

実際に僕がこの本を買った時はCakePHP2系がメジャーでしたが、今はLaravelに勢いがありますし、CakePHPは3系がメインになってきてます。それでも、著者の賢明な判断のおかげで、今でもフレームワークを実装する部分は学びが多いし古くならないです。ちなみに、僕はこのフレームワーク実装の部分で2回ほど「動かねぇ・・・」って挫折し、3回目にやっと想定通り動かすことができ泣けるくらい喜びました。と同時にPhpStormの重要性を思い知りました。

この本も先ほど紹介したオススメ本(4)と同じくPHP5時代に書かれた本で「PHP5.3で待望の名前空間が導入されたよ!」みたいなことが最新情報として書かれてたりします。この本もPHP7に対応して改訂されないかなーと期待しています。

 

 

オススメ本の学習の流れ

ここまで紹介したオススメ本を使った学び方ですが、いたってシンプルで

・参考書籍に出てくるコードを実際に書いて動かしてみる
・やっていく中で出てきた質問事項をメモっておく
・自分でググってみて解決を試みる=>解決したらメモに記録する

を繰り返していくだけです。上記の5冊をみっちり実践すれば、それなりの力が身についてきます。その先はというと、

・PHPマニュアル(https://www.php.net/manual/ja/)で必要なことを調べられるようになる
・欲しいものを形にしていく
・LaravelやCakePHPといったフレームワークについて学んでいく
・これまでに作ったものを他の言語で書き直してみる

などなど次のステップへ進んでいけばよいかと思います。

 

 

モチベーションを継続するための副読本

プログラミングの上達には、当然ですが「継続して学んでいく」という事が不可欠です。プログラミング学習で挫折してしまうというのは、「理解が遅いか早いか?」という問題以前に「モチベーションを維持できるか?」「継続する習慣が身についているか?」の問題が大きいと僕は考えています。

プログラミングを学びつつ、モチベーション強化周りの本も読んで参考にするのもオススメです。僕が読んでみてよかった本を紹介しておきますね。

 

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

心理学的に研究した結果、正しいとされる目標達成の方法が9つ紹介されている本です。それぞれの方法と具体的にどのようにするのかが書かれていて軽く読めます。目標達成が遅いなと感じてしまったり、途中で挫折してしまう経験が多いという方にとって参考になる部分があります。僕はこの本の中の「目標までの距離を意識する」という部分が腑に落ちたおかげで、モチベーション維持がうまくなりました。

>> 「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」の詳細はコチラ

 

 

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

東京大学を首席で卒業し、在学中に司法試験も合格し財務省での勤務経験もある山口真由さんが、どのように工夫して努力を続けてきたかを書いた本です。最近は情報番組のコメンテーターやクイズ番組の回答者としても活躍してますね。ストイックに反復・継続する姿勢は、読んでいて背筋が伸びる思いがします。この本の内容をそっくりそのまま真似できる人はごくごく少数だと思いますが、山口さんの努力の60%くらいを目指してやれば、どの分野でもそこそこ活躍できるようになれると思います。努力の極みをのぞいてみたいという方におすすめです。

>> 「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」の詳細はコチラ

 

 

 

まとめ

この記事では「PHPでWEBアプリを作れるようになるために初心者にオススメしたい本」を紹介しました。プログラミングを学び始めた時の自分に教えてあげたい内容になってます。本当に遠回りしてきましたから(苦笑)

僕が遠回りしてきた様子を記事にまとめました。プログラミング独学者のリアルが気になった方は合わせて読んでみてください。

【体験談】ゼロから始めるプログラミング生活!僕が独学で学んできたイバラの道

【体験談】ゼロから始めるプログラミング生活!僕が独学で学んできたイバラの道

 

この記事を参考に、読んでくださったあなたのプログラミング学習が少しでもスムーズに進めば嬉しいです。「3日でできる」とか「1週間でマスター」ってことはあり得ませんが、継続していくことで確実にプログラミングは身に着きます。一歩一歩歩みを進めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください