個人でも簡単に取得できる!LINE@アカウントを取得する方法

個人でも簡単に取得できる!LINE@アカウントを取得する方法




LINE@一般アカウント取得の手順

必要なものは、普段使っているLINEのアカウント。これさえあれば登録できます。

 

LINE@一般アカウント取得の手順
まずは、LINE@のトップページに行って、「LINE@アカウントを作成する」ボタンをクリックします。

 

 

LINE@一般アカウント取得の手順
「一般アカウントを作成する」をクリックします。

 

 

LINE@一般アカウント取得の手順
LINEのログイン画面が出ますので、お手持ちのLINEアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して、「ログイン」ボタンをクリックします。

 

 

LINE@一般アカウント取得の手順
LINE@のアカウント名と業種を入力します。

 

 

LINE@一般アカウント取得の手順
入力出来たら「確認する」をクリック。

 

 

LINE@一般アカウント取得の手順
内容に問題が無ければ「完了する」ボタンをクリックします。

 

 

LINE@一般アカウント取得の手順
これで、LINE@アカウントの取得が完了です。簡単ですね。

 

 

LINE@一般アカウント取得の手順
LINE@MANAGERにログインすると、この管理画面になります。ここから友達に一斉にメッセージを送信したりできます。

 

 

LINE@一般アカウント取得の手順
私は、「LINEログイン」をはじめたいので、LINE developersをこれから使おうと思っています。

 

 

LINE@って何が嬉しいの?

LINE@ってそもそも個人利用のLINEと何が違うかというと、

・メッセージの一斉送信
・1:1トーク
・タイムライン機能

といった機能が備わっています。ざっくりですが、「LINE@ = ビジネス活用しやすいLINE」という認識で概ね間違ってないと思います。

 

 

私がLINE@の一般アカウントを取得した理由

LINE@はビジネスに活用できるという話をしましたが、私がLINE@のアカウントを取得した理由は別にあります。それは、今作っているシステムに「LINEのアカウントでログイン管理する機能」を実装するためです。納期直前になって、「メールアドレスとパスワードでのログインはどうかと思う」という話になり、WEBからの予約を受け付ける際にはLINEアカウントで識別する、という方向で固まりました。

いわゆるソーシャルログインというやつですね。ソーシャルログイン自体、FacebookやTwitterで実装されることもよくあるので珍しいことではないです。が、私はソーシャルログイン実装が初めてなので、試行錯誤をイッパイしなきゃな感じです。そういった必要性から、LINE@のアカウントを取得しました。

 

 

ベトナムにもLINEがある

ベトナム語のLINE

LINEって日本でばかり普及しているというイメージでしたが、国際化も進みつつあるようです。ベトナムでもLINEがあるというのを知りました。ちゃんとベトナム語ひょうじになってるし。今作っているシステムでは、LINEログインをベースにするので、LINEがちょっと前のmixiみたいに衰退しないことを祈っています。

 

 

まとめ

LINEをビジネスに活用しようという動きは、少しずつですが浸透しているようで、LINE@関連の書籍もたくさん出てますね。

 

>> LINE@のビジネス利用についての書籍はこちら

 

LINEは使っている方も多いので、使いようによっては集客アップやリピーターの増加につながります。ターゲットユーザーの属性がマッチしているのであれば、LINE@の活用を考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です