ジムもプロテインも不要!「プリズナートレーニング」とは?

ジムもプロテインも不要!「プリズナートレーニング」とは?




23年間、刑務所で体を鍛え続けた男のトレーニングメソッド

23年間、刑務所で体を鍛え続けた男のトレーニングメソッド

プリズナートレーニング、はその名前の通り「囚人のトレーニング」です。著者のポールはトレーニング器具など皆無と言ってもいい刑務所の中で、鋼のような肉体を作るためトレーニングをしたそうです。目的は、自分を守るため。海外ドラマプリズンブレイクを見てると察しがつきますが、刑務所内はガチで力がモノを言う社会だそうです。そんな中で自衛し、トラブルを避けるためには肉体を鍛えるのが最も効果が高い。

刑務所という過酷な環境で築き上げられたトレーニング法なので、ジムもプロテインも要らないメソッドになっています。私も最近は仕事で缶詰め状態が続いているので、体のたるみが気になり始めてきました。表紙のイラストに惹かれて買った本ですが、予想以上の内容。まさに僥倖。早速、本のステップにしたがってトレーニングを始めています。

この記事では私が感じたプリズナートレーニングのメリットとデメリットをお伝えします。

 

プリズナートレーニングのメリット

プリズナートレーニングのメリット

ジム代、用具代などのお金がかからない

まずメリットとしてあげられるのが、始めるのにお金がかからないということです。ジムに通う必要もないですし、ダンベルもプロテインも必要ありません。ただ、厳密にいうと支えになるベンチのようなものや、懸垂ができるようなぶら下がり器具が後々必要になってきます。とはいえ、それらについても公園などの器具を活用すれば不要ですからね。私はトレーニングのステップが進んで必要になったら、部屋で使えるぶら下がり健康器のようなものを買おうと思ってます。

 

自分の体形や筋力に合わせて進められる

私の場合はトレーニングの目的が、「3か月後のボディービル大会のため」とかではありません。永続的に続けられて、強い体と健康を維持したいというのが目的です。なので短期間で完全燃焼してしまうようなトレーニングは求めていません。そういった私の希望にもプリズナートレーニングは合致しています。部位ごとに6つのトレーニングがあり、そえぞれ10ステップに分かれています。ステップ1は、本当に女性でも楽にできるレベルのものです。そこから始めていくので、毎日トレーニングしても苦にならないです。

 

ケガをしにくい

先ほどお伝えした通り、プリズナートレーニングは負荷の非常に軽いトレーニングから始めます。なぜそうするかというと、、先々のトレーニングに耐えられる肉体を作っていくためなんです。スローすぎるんじゃないかっていうくらい、ゆっくり進める印象です。軽い負荷のトレーニングで関節や腱を少しずつ鍛えていくことで、ケガをしにくくなるという効果も狙っています。せっかく体を鍛えているのにケガするなんて本末転倒ですからね。プリズナートレーニングのこういったスタンスも好感が持てます。

 

 

プリズナートレーニングのデメリット

プリズナートレーニングのデメリット

自己管理ができないと続かない

プリズナートレーニングはジムに通わなくてもできるトレーニングですが、コーチが付いてくれるわけではありません。なので、自分でトレーニングを計画的に進めることができないと三日坊主で終わってしまいます。私の場合は、毎日のトレーニングの記録をノートに書き留めることで次の日のモチベーションにしています。

誰かが見てくれないとトレーニングを続ける自信がないという方はライザップなどを選ぶのも一つの選択です。トレーニングや体のケアだけでなく、食事管理にも積極的に関わってくれます。「結果にコミット」は伊達じゃないです。

>> 30日間無条件全額返金保証/ライザップ

 

まちがったフォームでやっていても誰も指摘してくれない

毎日一生懸命トレーニングしているつもりでも、背筋が変に曲がったりして効果的なトレーニングができてなかった。そんな事態は避けたいものです。一人でトレーニングをするので、どうしてもそのようなリスクが残ってしまいます。対策としては、姿見などの大きな鏡の前で姿勢のチェックをするとよいでしょう。家族や友人などにトレーニングを見てもらって、本の写真と違っていないか確認してもらうのもよさそうですね。

 

今までに買ったダンベルやプロテインが無駄になる

プリズナートレーニングでは、ダンベルもプロテインも必要ありません。これまでに「明日からトレーニングするぞ!」と意気込んで買った筋トレグッズなどが、全て不要になってしまうかもしれません。役目を終えた道具はリサイクルショップやメルカリで売るか、友人に譲るなどして手放すと断捨離にもなりますね。

 

 

実際にプリズナートレーニングを始めて感じたこと

プリズナートレーニングを始めて10日が経ちます。4つの部位のトレーニングのステップ1を数セットずつこなしています。本当に負荷の軽い運動からのスタートなので、無理なく続けられています。それでいて、ジワッと筋肉に張りを感じるのでトレーニングが効いているんでしょう。負荷の軽い運動ですが、丁寧にゆっくり繰り返すと、それなりにキツかったりします。毎日続けていると、同じ回数でも楽にできるようになってきて成長を実感できます。今後も3年、5年と続けていくつもりでいます。

セルフトレーニングに興味のある方は一度読んでみてください。

プリズナートレーニング

 

 

この記事とは別の切り口で、本の感想も書いたのでそちらも合わせてどうぞ!

>> 『プリズナートレーニング』を読んだ感想

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です