ブログ記事を書くのが遅い悩みを解決してくれる1冊の本

ブログ記事を書くのが遅い悩みを解決してくれる1冊の本




累計40万部以上発行されてる『プロ論。』シリーズ著者の文章術

プロ論

著者の上阪さんは23年間のライター人生で一度も締め切りを破ったことがない。暇な人だったら、それもわかる。けど上阪さんはAERAなんかにも寄稿する多忙なライター。毎日のブログ記事の更新ですら悪戦苦闘している私にとっては、「23年間締め切りを守り続けている」という実績だけでも神的な存在なわけです。アマゾンで見つけて、概要を読んだ直後にクリック購入しちゃいました。

 

え?前に記事は外注するって言ってなかったっけ?

私のブログをよく読んでくれてる方は、そんな風に思われたかもしれません。確かに私は専門ジャンルのアフィリエイトサイト構築のために記事の外注を始めました。

ランサーズで記事を外注したら、超良記事が納品されて複雑な心境になった話

2017.09.20
良いライターさんが見つかったので、現在も継続して記事作成をお願いしています。それでも、やっぱり自分で記事を書く量は減ってないですし、書くことにこだわってたいという自分もいたりします。書くのメンドクサイとか言いながら、速くていいものが書ける方法を探している。矛盾してますけど、要は「書くのが好き」ってことなんでしょうね。

 

この本を読んで私が参考になったことは2つ

「書く前に読者と目的を決める」ことと「書く前の素材集めがすべて」ということ。「文章を速く書く方法」って聞くと、書くときに何を考えるとかの話なのかと思ってたけど全然違いました。逆に書くときは何も考えずに、集めた素材をベースに一気に書くというスタイル。書く前の段取りが一番大事なんだなということを改めて教えられました。

他にも参考になったところはたくさんあります。中でも7章の実践編は秀逸。800文字、2000文字、5000文字の文章を長さごとにそれぞれ、どんなふうに素材を集め組み合わせて書くか。実際の仕事で納めた文章を例にして、ものすごく具体的に紹介してくれています。プロのライターはこんな風に仕事を進めているんだ、というのがイメージできたのは大きな収穫でした。

 

まとめ

この本を読むことで、これまで以上に質の高い文章を、速く書けるようになりそうです。また、書くのが苦手だと思っていた分野についても、事前のリサーチと素材集めをしっかりしておけば書けそうな気がしてきました。アフィリエイターはもちろん仕事で文章を書く人すべてに激しくオススメしたい本です。

超スピード文章術

 

読書ブログにも別の切り口での感想を書きました。合わせてどうぞ。

>> 『10倍速く書ける超スピード文章術』を読んだ感想

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です