21世紀の無料テキストエディタATOMでデフォルト文字コードをShiftJISにする方法

ATOMロゴ




21世紀の無料テキストエディタATOMでデフォルト文字コードをShiftJISにする方法

テキストエディタATOMの何がいいかというと、ダウンロードしてそのまま使ってもかなりイケてるということ。HTMLファイルなんかも、拡張子で自動で認識して綺麗に色分けしてくれるし、自動補完も充実してます。

 

そんなATOMですが、デフォルトの文字コードがUTF8になってるのでWindowsで作ったファイルを開くときにいちいち文字コードを切り替えなきゃいけない。

 

ということで、ATOMのデフォルトをShiftJISに設定しました。やり方は以下のとおり。

 
[File] – [Settings] をクリック

テキストエディタATOM設定1

 

 

[Core Settings] – [File Encoding] を shiftjis にする

テキストエディタATOM設定2

 

 

これで、ShiftJISのファイルもサクサク開けますぞ!!

 

 

 

テキストエディタATOM の気に入ってるポイント

 

VimやEmacs をしばらく使ってみた時期もあったけど、私に一番しっくり来たのはATOMでした。私の場合は仕事の都合上 Windows環境を手放せないので、Windowsとの親和性が一番大切になってきたりします。

 

私の現在の手元のパソコンは、

メイン => Windows7(64bit)
サブ => Lubuntu14.04LTS(64bit)
テスト用1 => Windows7(32bit)
テスト用2 => CentOS5.5(32bit)

という感じです。

 

Windows 用のVimなんかも配布されてたりしますが、設定などがややメンドクサイと思ってしまい手が出ませんでした。

インストールしたまんまでWindowsでもLinuxでも同じ操作性と、見た目のキレイさ(シンタックスハイライト)が確保されてるので、トリコになりました。

 

ホームページ運営のお手伝いをしてるお客さんにも、HTML編集用のエディタとしてオススメしてます。
「手軽でカッチョイイ画面の無料テキストエディタがほしい!」
と思ったらATOMを試してみてください。

 

 

Windows でも Mac でも Linux でも使えるATOMのダウンロードは

↓ ↓ ↓

https://atom.io/

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です