ドスパラでノートパソコンCritea VF-HEK940を買ったとき選んだポイント

ドスパラでノートパソコンCritea VF-HEK940を買ったとき選んだポイント

スポンサードリンク


ノートパソコンから爆発するんじゃないかっていう位の回転音がしだした

買ってからかれこれ2年近く経つノートパソコンから

最近ヤバめの音がするようになってきました。

 

 

↑ こんな音です。

 

 

動画では、そこまで大きく感じないんですが結構デカめの回転音。

時々音が鳴りだして、やがて収束していくんですが、

バンって急に壊れちゃうと仕事に支障をきたすので

新しいパソコンに買い替えることにしました。

 

2年も使ったら十分元は取れてますから。

 

 

 

ドスパラのCritea VF-HEK940に買い替え

今回も大好きなドスパラで買いました。ネット注文です。

 

ドスパラでノートパソコンCritea VF-HEK940を買ったとき選んだポイント


ノートパソコンは、ほんとにコンパクトな梱包で送られてきます。

 

 

ドスパラでノートパソコンCritea VF-HEK940を買ったとき選んだポイント


梱包材も最小限なので、ゴミ捨てが楽でいい。

 

 

 

ドスパラのCritea VF-HEK940を選んだ時のポイント

今回の買い替えは、スペックが足りなくなったというよりは

消耗品としての買い替えに近い感覚でした。

 

ただ、譲れないポイントが2つだけありました。

それは、

・CPUはCore i7
・メモリは8GB

の2つです。

 

ドスパラでノートパソコンCritea VF-HEK940を買ったとき選んだポイント

他はそこまでこだわりないですし、

ハードディスクとか使い切ることないですしね。

 

実際、この後掲載しているスペック比較表を見ても

新しいパソコンの方がハードディスクの容量が少なくなってたり

DVDマルチドライブが無くなってたりします。

 

Core i7は第6世代から第7世代に世代交代してますし、

メモリもDDR3からDDR4になってるので満足です。

 

 

 

新旧パソコンスペック比較

スペック表とか見ると興奮してしまう諸兄の皆様向けにスペック比較を載せておきます。

 

ドスパラでノートパソコンCritea VF-HEK940を買ったとき選んだポイント

左の白いのが新しい方のノートパソコンです。

 

名前 Critea VF-HEK940 (新) Critea DX11-F7 (旧)
本体価格(税込) 91,778円(2018/11/08時点) 86,184円(2016/11/12時点)
OS Windows 10 Home 64bit Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-7500U (2.70GHz-3.50GHz/2コア/4MBキャッシュ) インテル Core i7-6500U(デュアルコア/HT対応/定格2.50GHz/TB時最大3.10GHz/L3キャッシュ4MB)
グラフィック NVIDIA GeForce 940MX(Optimus) + インテル HDグラフィックス620(CPU内蔵) NVIDIA GeForce 940M 2GB + インテルR HD グラフィックス520(Optimus 対応)
メモリ 8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-17000/4GBx2/2チャネル) 8GB DDR3L SO-DIMM (PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
HDD 500GB HDD (5400rpm) 1TB
光学ドライブ なし DVDスーパーマルチドライブ
マザーボード インテルチップセット搭載マザーボード モバイル インテル 100シリーズ チップセット搭載マザーボード

 
 
 

まとめ

ドスパラはBTOパソコンなので、

ハイスペックなパソコンが比較的リーズナブルに買えちゃいます。

メーカーにこだわりがないのであれば、

オススメです。

 

 




>> ドスパラ公式ページはコチラ

 

 

今回手放すノートパソコンは、2年前のモデルでハイスペックなので

割と高く売れそうです。

 

ドスパラに買い取ってもらったらまたレビュー記事書きますねー。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください