『その女、ジルバ』を読んだ感想

『その女、ジルバ』を読んだ感想

スポンサードリンク


人生いろいろ

40歳の独身女性がひょんなことから

50歳以上のホステスしかいないバーで働くことに。

本社から倉庫係に飛ばされた主人公の話だけでなく、

そこで出会う人々のそれぞれの人生模様が描かれています。

 

 

東日本大震災、第二次大戦、ブラジル移民

主人公の新が福島県出身で実家が震災を経験しており、

バーの初代ママも福島出身で戦時中ブラジル移民として過ごしていた。

 

そんな経歴の登場人物が織りなすストーリーは

なかなかに濃厚で読みごたえがあります。

 

誰にも言えなかった過去や秘めた思い、

そういったものが積み重なって人生というストーリーが

出来上がっていくんだなぁと。

 

婆さんホステスばっかり出てくる漫画なんだけど、

エピソードの一つひとつが

心にジーンときたり、すげーカッコイイ話だったり、

やり場のない悲しさを感じるものだったり、

揺さぶられます。

 

 

ブラジル移民の「勝ち組、負け組」

この漫画を読んで知ったんですが、

「勝ち組、負け組」という言葉が今使われてるのと

全く異なる意味で使われてたことがあったそうです。

 

異国の地ブラジルで。

 

現在は金銭的に成功している人の事を勝ち組と呼んだりしますが、

第二次大戦直後のブラジルでは、

敗戦後も日本の勝ちを信じた人たちを「勝ち組」と呼び、

日本は負けたと信じた人たちを「負け組」と呼んだそうです。

 

インターネットの存在しない時代に、

ブラジルに居ながら日本の正確な情報を入手するというのは、

困難なことだったんでしょうね。

 

作品内では、

日本が戦争に勝ったと思い込む人々、疑う人々、

日本が勝ったと思っている人たちをだます人々などが描かれています。

どれも事実を基にした話だそうです。

 

知らない歴史の一部分に触れられた貴重な読書体験でした。

 

 

 

その女、ジルバ(全5巻)

『その女、ジルバ』を読んだ感想

年配の方の話を聞くのもいいもんだな、と思わされました。

インターネットもスマホも無いけれど、

物語がそこにあるから。

 

>> この本の詳細はコチラ

 

 

 

40代独身の方が読むと、少し元気になれるかも。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください