中二病全開!「コードギアス反逆のルルーシュ」25話を見終わりました




ルルーシュの中二病が深刻すぎて目が離せない!

ルルーシュの中二病が深刻すぎて目が離せない!

ブリタニア帝国に支配された日本。ひょんなことからギアスという力を手に入れたルルーシュは、エリア11と呼ばれるようになった日本を復活させるため立ち上がる。そんな物語です。学園モノであり、ロボットモノであり、弱者が強者に挑む物語でもあり、全体的に面白いアニメです。しかし、私にはルルーシュ君の中二病感が際立って見えて、そこが気になって気になってしょうがない感じでした。

「ギアス」という他人の目を直視すると、自分の命令を絶対に遂行させることのできる能力を手に入れたルルーシュ君。ブリタニア帝国に立ち向かうため、組織を作り「黒の騎士団」と名付けます。自分は身元バレしたくないので、黒づくめの衣装にマスクをかぶって「ゼロ」と名乗ります。さらにルルーシュ君は、敵方の最新ナイトメア(ナイトメアはガンダムでいうところのモビルスーツのことです)、ランスロットを「白兜」と呼びます。一つひとつの命名っぷりが、中二病のそれだなぁと思います。

そんなルルーシュ君から目が離せません。

 

 

少しイタイ主人公を周りが気遣ってくれる優しい世界の物語

白兜

果たして仮面をつけただけで、あそこまで正体を隠し通すことができるのでしょうか?現実的には厳しいと思います。着ぐるみを着たことがあるという方はご存知と思いますが、被り物ってめちゃくちゃ暑いし蒸れるんですよね。夏にあんな仮面つけてたら熱中症でやられますよ。

意外にも、おっとりキャラの元幼馴染、ユーフェミア・リ・ブリタニアに正体を見破られていました。作中ではシャーリーにサクッと尾行されて正体がバレるシーンもありました。たぶん、みんな気を使っていただけでゼロの正体がルルーシュ君だって知ってたけど、気づかないフリをしてくれてたんじゃないかって気すらしてきます。優しい世界です。

ま、そんな風に変な視点でこのアニメを見てきた私ですが、それでも25話まで見終わったので面白いアニメだったことは間違いありません。サンライズの作品ということで、コードギアスのナイトメアはスーパーロボット大戦にも参戦しているようす。こうやって、個々のアニメを知っていくと、スーパーロボット大戦みたいに作品を超えてロボット同士がバトルするゲームを何倍も楽しめるんでしょうね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?この記事では「コードギアス反逆のルルーシュ」を見終わった私の感想をまとめてみました。今、私が悩んでいることは続編である「コードギアス反逆のルルーシュR2」を見るかどうかです。今ならアマゾンプライムビデオで無料で見れるんです。見れるんですが、無料で見れる期間が8月31日まで。そう、明日までなんですよね。多少無理をしてでも一気に見てしまうか、そっとプライムビデオを閉じるか迷っています。もし、50話まで見終わったらまた感想を記事にしますね。

コードギアスは人気アニメなので、DVDだけでなくグッズやコスプレ衣装なんかもたくさんありますねー。

>> コードギアス関連グッズの一覧はこちら

作品世界を楽しむという意味ではグッズ購入もありかもしれませんね。私はゼロの仮面が欲しいですw

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です