読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本 を読んで取り入れたこと。

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

字がうまいと、なぜだか「その人はきっと賢い人だ」と錯覚してしまう。
そんな経験はありませんか?

スマホ全盛の時代、年賀状を送るという行為も古臭いと思われがちな昨今ですが、
こんな時代だからこそ、手書きの価値が上がっているのではないか?

そんな逆バリ思想が好きです。

賢そうに思われたい欲が止まらない僕としては、
「読むだけで字がうまくなる」と豪語する本を見過ごすわけにはいかなかった。

ということで、実際に買って読んでみました。

 

 

読むだけではうまくならない→でも書けばうまくなる

いきなりタイトルの否定みたいになっちゃいますが、
読んだだけではうまくならないだろうな、というのが率直な感想です。

文字をどのようにとらえて、どういう風に書けば「うまい字」に見えるか。
そういったことがすごく丁寧に解説されています。

ですので、
本書を読めば文字をうまく書くためのポイントはつかめます。

ただ、ポイントがわかったからといって、
いきなり書けるようになるわけじゃない。

 

たとえば進撃の巨人のコミックを
カバーがボロボロになるほど読み込んでいても、

「立体起動装置で飛び回るミカサを描いて」

って言われたら、たぶん描けない。

脳内ではリヴァイ兵長顔負けの身のこなしで
戦場を飛び回るミカサ・アッカーマンが鮮明にイメージできているのに・・・。

 

字をうまく書けるようになりたいなら、
アウトプットが必要ですね。

 

 

この本を読んで取り入れた、たった1つのこと

やや否定的な感想を書いてしまいましたが、
本書で解説された内容はどれも納得のいくものでした。

色々と参考になる部分が多かったですが、
僕が一番グッときたアドバイスがコチラ

↓ ↓ ↓

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本 を読んで取り入れたこと。

「栄」という文字の部首「つかんむり」の書き方。(左が本書を読む前。右が読んだ後。)

 

 

 

おわかりいただけただろうか?

 

 

 

 

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本 を読んで取り入れたこと。つかんむり

「ツ」の真ん中のチョンというのを
少し高めに書くことで「つかんむり」の上部に丸みを出す感じ。

 

こう書くと見栄えがよくなります。

 

 

 

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

「中学生のころに身に着けた丸文字から卒業したい!」

という方にオススメです。

丸文字って今もあるのか?

 

 

単行本(ソフトカバー): 112ページ
出版社: CCCメディアハウス (2014/4/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4484142112
ISBN-13: 978-4484142111
発売日: 2014/4/22

 

>> この本の詳細はコチラ

 

 

 

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください