Windowsコマンドプロンプトでphp symfony.phar demoしたら、 cURL error 60: SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate っていうエラーが出る!

Symfony2




Windowsコマンドプロンプトでデモアプリをインストールする – Symfony2入門 28ページ

「php symfony.phar demo」って打つと、「cURL error 60: SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate」というエラーが2発出てきます。

Symfony2入門 28ページのデモアプリケーションの準備の所で「php symfony.phar demo」って打つと、「cURL error 60: SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate」というエラーが2発出てきます。

 

エラーのタイトルは、それぞれ

 

[GuzzleHttp\Exception\RequestException] [GuzzleHttp\Ring\Exception\RingException]

 

というもの。

 

Guzzle(ガズルって読むのかな?)はなんか目にしたことがある。WEBスクレイピングに使うサムシングだった気がする。とりあえずググッてみる。

 

参考にさせてもらったのは以下の2つの記事。

Windows + Goutte 3.0でHTTPSでのリクエストで発生するSSL証明書のエラー

cURL error 60: SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate

現象としては、ローカルにSSL証明書が無いのでエラーを吐いてる感じ。

laracasts の回答の、GeoffGordon が答えてるのを参考にしました。

 

 

解決策

下記のURLから5719158-master.zipをダウンロード。

https://gist.github.com/VersatilityWerks/5719158/download

 

 

2

5719158-master.zipを解凍して中に入ってる cacert.pem ファイルを C:\xampp\php\extras\ssl にコピー。

 

 

 

C:\xampp\php\php.ini ファイルに「curl.cainfo ="C:\xampp\php\extras\ssl\cacert.pem"」を追記

C:\xampp\php\php.ini ファイルに「curl.cainfo =”C:\xampp\php\extras\ssl\cacert.pem”」を追記。

これで、クライアント証明書を指定できるってことですね。

 

この状態で、再び「php symfony.phar demo」すると・・・

 

php symfony.phar demo

ダラダラダラーっと文字が流れ、

 

 

無事インストールが完了

無事インストールが完了したようです。

 

 

 

symfony_demo フォルダーもしっかり生成されて中身も詰まってます。

symfony_demo フォルダーもしっかり生成されて中身も詰まってます。

 

めでたし、めでたし・・・。

 

 

 

 

懸念事項

Symfonyのデモアプリケーションがインストールできて目的は達成しているのですが、

 

・そもそも拾ってきた証明書って大丈夫なの?
・SSLクライアント証明書の手続きの流れがよくわからん

 

という状態で行っているので、セキュリティ的にどうなの?と思ってたりします。

 

ここらへんについて今はスルーします。

 

 

詳しい方がこの記事を目にされて、時間がありましたらコメントでアドバイスなどいただけると嬉しいです。




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です