何回狩れば、苦手モンスターを克服できるのか?【モンハン】

ゆうた




千回やれば、うまくなる!?

ゆうた

発売から5か月近くたちますが、

 

モンスターハンターダブルクロスを楽しんでいます。

 

一人で狩りをしていると、なかなか倒せないモンスターとか出てきます。

 

武器の相性なんかも関わってくると思いますが、

 

苦手意識の原因の一番大きなものは「慣れ」じゃないかって

 

最近思うようになってきました。

 

 

「回数をこなす」って聞くとなんか消化試合感が出ちゃいますが、

 

回数こなすと何事も上達していくっていうのは、

 

大抵の場合は通用する原理みたいなもんだといえそうです。

 

 

繰り返しやるって意味では、この本を思い出しました。

↓ ↓ ↓

斉藤一人の絶対成功する千回の法則

 

>> 斉藤一人の絶対成功する千回の法則

 

 

まー、「絶対成功してやる!」みたいに気張り過ぎない方がいいけど、

 

淡々と数をこなせるっていうのは、

 

それだけでも才能なんじゃないかって思ったりしますね。

 

 

で、たかがゲームといってしまえばそれまでですが、

 

モンハンの苦手モンスター克服にも同じことが言えそうです。

 

 

 

私の経験から言えること

先ほど「千回やれば…」みたいな本を紹介したので、

 

「同じモンスターを1000回も倒すのかよ…」

 

と絶望した方もいるかもしれません。

 

でも、実際のところはもっと少ない回数でなんとかなりそうです。

 

 

具体的な数字とかあった方がわかりやすいので、

 

私のギルドカードのモンスター狩猟数を参考に見ていきましょう。

 

ちなみに私のPS(プレイヤースキル)は並以下です。

 

 

 

苦手意識が変わるタイミングは50体、100体、200体

数字を見る前に、私が得意なモンスターと苦手なモンスターを紹介します。

 

 

ディノバルド

圧倒的に得意なのが、ディノバルドです。G級だろうが獰猛化だろうが負ける気がしません。

 

 

 

 

タマミツネ

割と得意なのが、タマミツネと

 

 

ライゼクス

ライゼクスです。

 

これらもG級獰猛化もソロで安定して倒せます。

 

 

 

イビルジョー

最近苦手意識がなくなってきたのがイビルジョー。

 

 

 

ラージャン

そして、苦手モンスターはラージャン、

 

 

 

バルファルク

バルファルクです。

 

 

これらの得意・苦手意識を踏まえて、ギルドカードを見ていきましょう!

 

 

何回狩れば、苦手モンスターを克服できるのか?【モンハン】

最も得意なディノバルドは狩猟数303体です。狩ってますねー。

 

 

 

何回狩れば、苦手モンスターを克服できるのか?【モンハン】

割と得意なタマミツネは狩猟数191体、ライゼクスは狩猟数118体。

 

 

 

何回狩れば、苦手モンスターを克服できるのか?【モンハン】

最近苦手意識が薄れてきたイビルジョーは狩猟数58体。

 

苦手意識の強いラージャンは狩猟数21体、バルファルクは狩猟数25体。

 

 

どうやら結論が出たようです。

 

 

 

私の個人的な見解ですが、

 

狩猟数が50回を超えるとモンスターへの苦手意識が薄れていく。

 

狩猟数が100回を超えると得意モンスターになる。

 

狩猟数が200回を超えると負ける気がしなくなる。得意な武器以外でも試してみたりし始める。

 

狩猟数と苦手意識にこんな相関関係があるようです。

 

 

 

回数をこなすことで、

 

予備動作からモンスターの次の動きを把握できるようになり、

 

安定した狩りにつながっているってことなんでしょうね。

 

ソロではどうしても狩りに失敗してしまう、

 

というモンスターがいたら重点的に狩りまくって慣れるのが

 

苦手克服への近道といえそうです。

 

 

 

ま、

 

「ソロで倒せないモンスターはマルチで協力して狩る!」

 

でも全然オッケイですけどね。

 

楽しみ方は人それぞれですから。

 

 

 

 

あなたの参戦をお待ちしております(笑)

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です