秒速でWindowsタスクスケジューラーを立ち上げる方法

ちなみに上の写真の赤丸ボタンが「Windowsボタン」です。




どこかしら胡散臭い「秒速で…」という言い回し

「秒速で○○する」っていうフレーズを見ると、

 

この本を思い出します。

↓ ↓ ↓

秒速で1億円稼ぐ条件(与沢翼)

アマゾンの中古だと1円で出品されているので、

 

興味のある方はどうぞ。

 

>> 秒速で1億円稼ぐ条件(与沢翼)

 

 

1円で売ってる中古本を買って、

 

秒速で1億稼げるようになるって話はあまり現実的ではない気がしますが、

 

秒速でWindowsタスクスケジューラーを立ち上げることは、

 

比較的簡単に実現できます。

 

再現性も高いです。

 

 

ということで、紹介します。

 

 

 

秒速でWindowsタスクスケジューラーを立ち上げる方法

まず、デスクトップ画面が表示されている状態で、

 

「Windowsボタン + R」を押します。

 

 

ちなみに上の写真の赤丸ボタンが「Windowsボタン」です。

ちなみに上の写真の赤丸で囲ったボタンが「Windowsボタン」です。

 

 

 

「ファイル名を指定して実行」というウィンドウ

すると「ファイル名を指定して実行」というウィンドウが出てきます。

 

「名前:」の右の枠の中に「taskschd.msc」と打ち込んでOKボタンを押します。

 

 

 

タスクスケジューラーが立ち上がります。

するとタスクスケジューラーが立ち上がります。

 

早いですね!

 

でも、「taskschd.msc」っていう文字列を記憶しなきゃいけないのってシンドイですよね。

 

私も1週間後に覚えている自信がありません。

 

そこで、さらに簡単にタスクスケジューラーを起動する方法を紹介します。

 

 

 

真・秒速でWindowsタスクスケジューラーを立ち上げる方法

デスクトップ左下の方の白枠に「task」と打つと、検索結果に「タスク スケジューラー」が出ます。

デスクトップ左下の方の白枠に「task」と打つと、検索結果に「タスク スケジューラー」が出ます。

 

この状態でEnterを押してください。

 

 

 

タスクスケジューラーが立ち上がります。

するとタスクスケジューラーが立ち上がります。

 

はい、秒速!

 

task」の4文字であれば、

 

容量の少ない私の脳みそでも記憶してられそうです。

 

 

Windowsのショートカットキーは覚えていると、

 

仕事が早くなるものも多いので、

 

毎日使うような機能があるなら、

 

そのショートカットを調べてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

Windows 10完全制覇パーフェクト

橋本和則さんが書いてるWindows解説本は、

 

これでもかってくらい詳しく書いてあるのでオススメです。

 

 

>> Windows 10完全制覇パーフェクト

 

 

 

ショートカットで快適なWindowsライフを。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です