運転中まさかの事態に備える!ドライブレコーダーを選ぶときのチェックポイント

運転中まさかの事態に備える!ドライブレコーダーを選ぶときにチェックポイント




悪質な嫌がらせ運転と悲惨な事故

東名高速で嫌がらせ運転から、追い越し車線で車を停車させられ後続のトラックに追突されるという事故が報道で取り上げられました。とても痛ましい事故です。巻き込まれる形での事故は避けようがない部分があります。ただ、「何かトラブルがあったときに、泣き寝入りしないために証拠を残せる方がいい」とは思います。私自身もドライブレコーダーの導入を検討するため、気になったことを調べてみました。ドライブレコーダー探しの参考にしてみてください。

 

ドライブレコーダーの相場

ドライブレコーダーの相場

どんなガジェットもピンからキリまでありますが、ドライブレコーダーも例外ではないようです。安いものですと5,000円を切るものもある一方で、ハイクラスのものですと45,000円以上のものまでありました。ショッピングモールの売れ筋ランキングを見ていると、15,000円から25,000円くらいのものが一番売れています。

 

ドライブレコーダーは自分で取り付けできるのか?

ドライブレコーダー設置となると、気になるのが自分で取り付けられるかどうかです。ドライブレコーダーの取り付けについて検索してみると、「自分で簡単に取り付けられる」という解説ブログをよく見かけます。ただ、私の感覚からするとそれは全然簡単ではなかったりします。車の普段絶対に開けない所をパカッと開けて、配線がゴチャゴチャしてるところを触ったりしてますから。「簡単」というのは、あくまでも「普段から車をイジったり、電子工作的なことが得意な人にとっての簡単」という意味だったのです。配線が必要なドライブレコーダーは、おとなしくオートバックスなどで工賃込みで設置までやってもらう方が確実です。

 

本当に素人でも自分で取り付けできるのは「配線不要」なもの

本当に素人でも自分で取り付けできるのは「配線不要」なドライブレコーダー

ただ、「取り付けはプロに任せて」じゃない方法も気になりますよね?私も気になったので、ショボい自分でも取り付けられるドライブレコーダーが無いか探してみました。で、見つかりました。探し方としては「配線不要なドライブレコーダー」で検索すればOK。イメージ的には、アクションカメラを車のフロントガラスに貼り付けるタイプのもの。電源を車から取れないので、撮影可能時間(充電池がもつ時間)に気を付ければ他は問題なさそうです。

 

ドライブレコーダーを選ぶときのポイント

ドライブレコーダーは何を基準に選べばいいでしょうか?値段以外にここは見ておいた方がいいと思ったポイントをまとめてみました。

 

モニターの有無

デジカメなんかですと当たり前になってるモニターが付いているかどうか。モニターがあれば、カメラの位置調整をするときや、動画の確認をその場でしたいときに便利です。無いよりは有った方が絶対にいい。

 

画素数

いわゆる解像度ですね。1920×1080くらいあれば十分かなと思います。どれくらいの精細さで撮影をしたいかによって選ぶのがよいかと思います。

 

フレームレート(fps)

1秒間に何コマ撮れるかという数字です。フレームレートが低すぎると、事故の瞬間が撮影できてないということも起こり得ます。30fps以上はほしいです。

 

夜間走行が多いかどうか

夜間の走行が多いという場合は、カメラの解像度とは別で、暗い道でのカメラの感度も重要になってきます。道路に設置された街灯と自分の車のヘッドライトだけでも、ハッキリと撮影できるドライブレコーダーもあります。自分のよく走るシーンに合わせて選ぶのがポイントになってきます。

 

後ろも撮影できるドライブレコーダー

ドライブレコーダーと聞くと前方の撮影の話になりがちですが、後ろからの追突なども考えると後方にも気を配ったほうがよいです。1台のドライブレコーダーで全方向撮影できるタイプのものを選ぶか、前用と後ろ用に2台のドライブレコーダーを設置するか、2通りのやり方があります。どちらの方法を取るにしても死角がどれくらいあるのか事前にチェックすることが必要です。自動車同士の事故は側面からのものが多いというデータもありますので、側面が映っているかも重要です。

 

全方位を1台でカバーできる360度カメラがよさげ。

>> 360度撮影できるドライブレコーダーはコチラ

 

 

ドライブレコーダーで「録画中」をアピール

ドライブレコーダーで「録画中」をアピール

ドライブレコーダーの設置以外にも迷惑行為を未然に防ぐ方法があります。それが、「録画中ステッカー」です。コンビニや本屋、駐車場などで見かける「防犯カメラで撮影しています」という張り紙と同じ効果が期待できます。撮影されてるとわかると、嫌がらせをする側にも「証拠を残されたくない」という意識が働くので一定の予防効果はありそうです。

 

ドライブレコーダー人気ランキング

ここまでドライブレコーダー選びのポイントなどをまとめてきました。どのドライブレコーダーが良いかは、あなたの運転する時間帯や場所によっても変わってきます。とはいえ、全てのドライブレコーダーをチェックするというのは現実的ではありません。まずは人気ランキングで売れ筋をチェックしてみるのがオススメです。楽天市場で今一番売れているドライブレコーダー上位30位までの画像をダダーッと並べてみました。

あなたがこのページを開いた時点でのデータを取得していますので、まさに最新ランキングです!それぞれの画像は楽天市場のページにリンクしてありますので、詳細を知りたい方は画像をクリック or タップしてくださいね^^

 

 



楽天ウェブサービスセンター

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です