『一生使える 見やすい資料のデザイン入門』を読んだ感想。

『一生使える 見やすい資料のデザイン入門』を読んだ感想。

スポンサードリンク


一生使えるかどうかは謎だけど、見やすい資料が何なのか掴めるようになる!

この本を買ったきっかけはというと、パワーポイントを使った資料作成のセミナーの依頼をいただいた時、勉強のために買いました。パワポの操作うんぬんも必要ですが、「どう作れば見やすい資料になるのか?」の方が圧倒的に重要だからです。見開き2ページで完結でポイントがまとめられている上に、「左のページにダメな例→右のページに良い例」という具合に実際の視覚イメージ付きで紹介されているので文字を読み込まなくてもポイントを吸収できます。

・豊富なイラストのおかげで、パッと見ただけでもポイントが掴める
・自分の作った資料を横に置いて1つずつチェックしていくだけで改善できる

という即効性と実用性を兼ね備えた良書です。

こりゃ売れるわな。

 

一生使える 見やすい資料のデザイン入門

『一生使える 見やすい資料のデザイン入門』を読んだ感想。

 

単行本(ソフトカバー): 176ページ
出版社: インプレス (2016/1/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 484433963X
ISBN-13: 978-4844339632
発売日: 2016/1/22

 

>> 本の購入はコチラ

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください