Symfony3.1.0 のビルトインサーバの起動console server:start は console server:runになってる!

Symfony2




Symfonyバージョン2.7と3.1でビルトインサーバ起動のコマンドが異なる – Symfony2入門 32ページ

 [ERROR] This command needs the pcntl extension to run.

Symfonyのデモアプリケーションをバージョン3.1.0で進めていると、さっそく相違点が出てきました。(なぜバージョン3.1.0を選んだのかは前回の記事に書いてます。)

 

ビルトインサーバでのアプリケーション起動コマンドです。

 

上のように、「php bin/console server:start」と入力すると、「 [ERROR] This command needs the pcntl extension to run.」というエラーが出ます。エクステンションが違うってことですね。

 

親切に「正しいほうのコマンド server:run で実行しちゃう?」というメッセージが出ているので、「Y」を入力します。

 

 

 

正しいほうのコマンド server:run で実行しちゃう?

するとサーバーが立ち上がります。

 

ブラウザで http://127.0.0.1:8000 にアクセスしてみると・・・

 

 

Symfony3.1.0デモアプリケーションが無事に起動しましたっ!!

デモアプリケーションが無事に起動しましたっ!!

 

画面の一番下のデバッグツールバーがバージョン2.7のものよりスッキリしてますね。

 

改善されてるんでしょうねー。

 

 

 

まとめ

 

ビルトインサーバによるSymfonyアプリケーションの起動

・Symfony 2.7 では、

php app/console server:start

 

・Symfony 3.1 では、

php bin/console server:run

 

 

 

 

さっ、はりきって進めていきますよー!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です