北海道で行方不明になった中国人教師 危秋潔さんって何者なの?

北海道で行方不明になった中国人教師 危秋潔さんって何者なの?




警察に毎年8万人の行方不明者届が出される中で、彼女だけ報道で取り上げられる謎

ここ最近、情報番組などで中国から旅行に来ている女性が行方不明になっていると何度も取りあげられていました。釧路の海岸で女性の遺体が発見され、危秋潔さんなんではないかと憶測が飛び交っています。何かしらの事件か事故に巻き込まれてしまった可能性の高い危秋潔さんは気の毒だと思いますし、無事であってくれたらいいのにとも思います。しかし私の頭の中には大きなクエスチョンマークが浮かびます。

「なぜ彼女の失踪だけがこんなに大きく取り上げられてるの?」

という疑問です。日本国内で警察に行方不明者として届けられる人数は、毎年8万人前後だそうです。身近な家族や友人が突然姿を消してしまって、必死に探しているという方は山ほどいると推測できます。テレビを使ってでも探したい、と強く思っている方も少なくないでしょう。

そういった状況の中で、なぜ危秋潔さんの失踪だけがこれほどまでの大きく取り上げられるのか?何か裏があるんじゃないかと勘繰ってしまいます。情報番組でも、彼女の足取りや防犯カメラに映ったようすなどは伝えてくれますが、誰が捜索願を出して、なぜ全国ネットの帯番組でこんなにガッツリ取り上げるのかは教えてくれません。

※ちなみに、上の写真はイメージ写真です。危秋潔さんとは関係ありません。

 

 

報道されるニュースは誰が選んでいるのか?

報道されるニュースは誰が選んでいるのか?

そんなことを考えていると、普段見ているニュースもそもそも誰が取り上げるか決めているんだろうと思います。卑近な例ですが、今年の前半にうちの近所の団地で結構大きめな火事がありました。消防車が駆けつけてくれて3時間ほどで鎮火し、死亡者を出すことなく済みました。かなりの火事だなぁと思ったんですが、地元チャンネルのニュースでも翌日の新聞でも取り上げられていませんでした。それほど重要ではないと思われたのかなぁ、と感じたことを覚えています。

テレビを見ていると、大体どのチャンネルも同じようなニュースを扱っていますし。知らない間に情報のフィルターがかかっているのかもしれませんね。かといって、裏で情報を統制している闇の組織が存在するという陰謀説も真実味に欠ける気がします。モヤモヤしてしまうところです。

とはいえ、「じゃあ聞くが、お前はどんなニュースが流されるべきか答えられるのか?」と聞かれても、私は答えられません。結局は、程度の差こそあれ、誰かがどこかで最終的にどのニュースを流すことに決める訳ですから。偏りは出ますよね。

どんなニュースが流れようと、地に足を付けて自分なりの生活を淡々と続けていくことが大事なのかなって思ったりします。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です