「CakePHP3のドキュメントが落ちてる」とダメ元でボヤいてみたら、CakePHP公式から返信が来てビビった

先日、運用中のWEBアプリのバージョンをCakePHP3.7にバージョンアップしようと思いドキュメントページにアクセスすると404エラーに。

「CakePHP3のドキュメントが落ちてる」とダメ元でボヤいてみたら、CakePHP公式から返信が来てビビった

英語版のページも404になっているので、これサーバー側で設定かなんかミスってるなーと。

 

 

「CakePHP3のドキュメントが落ちてる」とダメ元でボヤいてみたら、CakePHP公式から返信が来てビビった

誰に伝えればいいかわかんないので、cakephp界隈の人に届きそうなハッシュタグを付けまくってツイートしてみました。もちろん英語で。

 

 

「CakePHP3のドキュメントが落ちてる」とダメ元でボヤいてみたら、CakePHP公式から返信が来てビビった

そしたら、驚いたことにCakePHP公式アカウントから返信がきました。しかも、「とりま、このURLを使ってくれよな」という解決策付きで。

 

 

「CakePHP3のドキュメントが落ちてる」とダメ元でボヤいてみたら、CakePHP公式から返信が来てビビった
嬉しかったので、リアルガチなThank youで返信しておきました。

 

で、翌日にはCakePHP3のドキュメントは問題なく表示されるようになっていました。いやー対応してもらえて助かりました。そして、つたない英語でもいいから言ってみるもんだなーと感じたできごとでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください