灼熱の太陽に照らされる入鹿池にブラックバス釣りに行って来ました。

入鹿池でバス釣り




早朝からスゲェ暑い

入鹿池でバス釣り

先日の記事で予告した通り、入鹿池にブラックバス釣りに行ってきました。猛暑日ということもあって、早朝6時には釣りはじめられるような感じで行きました。しかし、思ったよりも日の出は早く、そして思ったよりも暑くなる時間は早かったのです。

 

 

 

入鹿池の水はかなり干上がってました

2016年8月の入鹿池

ご覧のとおり、かなり水量が少なくなっていました。おかげで陸っぱりからもかなりの範囲でキャスティングが可能でした。上の写真で対岸の山っぽいあたりは明治村です。入鹿池と隣接してるって知りませんでした。犬山アツいな。

 

 

水量が激減している入鹿池

朝のうちは、時折ひんやりとした風が吹いて気持ちよかったのですが8時を回ったあたりから日差しと気温がグッと増しました。水面からの照り返しもキツく、太陽は罪なヤツだなと思いました。

 

透明度は想像よりも高く、ブルーギルやバスの姿がチラホラ見えます。50センチオーバー級のブラックバスが目の前を悠々と泳いでいくのも目にしました。ワーム投げてみたけど、ガン無視されました…orz

 

 

 

釣果はゼロでした。

入鹿池の釣れるポイント

 

朝6時過ぎから始め、9時前から手漕ぎボートを借りて12時前まで粘りましたがブラックバスはおろか、ブルーギルすら釣れませんでした。ま、それでも十分楽しかったんですけどね。

 

異常な気温の高さ、お盆休みに釣り人に釣られまくってバスの警戒心がMAX、不慣れな手漕ぎボートで体力を消耗、などなど釣れなかった言い訳は山ほど浮かびます。しかし、ボートを借りた見晴茶屋さんで釣れるポイントや直近数日の釣果なんかを根掘り葉掘り聞いて挑んだわけですから、悔いはないです。

 

レンタルボートを朝5時半から貸し出してることや、免許無しでも乗れるエレキボートの存在を帰り際に知ったので、次来るときはそれに乗ろうと思います。釣れても釣れなくてもバス釣りは楽しいです^^




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です