プロセスの親子関係を見失いかけた時、pstreeコマンドに救われました!

プロセスの親子関係を見失いかけた時、pstreeコマンドに救われました!

1サーバーでpython3からselenium+chromedriverでブラウザ自動化処理を2つ動かしています。ときどき接続相手側の問題などで処理が止まってしまうことがありました。処理が落ちた方だけプロセスをkillして再始動したいんですが、chromedriverプロセスがどちらのpython3プロセスに紐づいているのかわからず、全部killして再始動、ということをやってました。

でも、pstreeコマンドを使ってから世界が変わりました。子プロセスがどれなのかをしっかりと把握できるんです!

 

 

pstreeコマンドで視覚的に親子関係がわかる

プロセスの親子関係を見失いかけた時、pstreeコマンドに救われました!

pstree -p

でプロセスの親子関係がチェックできた!

 

 

参考になった本

サーバー運用しつつ、気になったところを拾い読みすると新たな発見があってイイ!

↓ ↓ ↓

プロセスの親子関係を見失いかけた時、pstreeコマンドに救われました!

>> 標準テキスト CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

 

 

よくよく考えたらLinuxがプロセスの親子関係を見失う訳ないよなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください