iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!




iPhoneで遊んでるゲームのプレイ動画を撮影したい!

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

スマホアプリのゲームソフトってめちゃくちゃ面白いのいっぱいありますよね。せっかくなので、ゲームしてる動画を撮影してユーチューブにアップしたいな~と思いました。

 

友人の話では、iPhoneの画面録画はMacBookがあると簡単にできるんだとか。そんなこと言われても、わたしゃWindowsユーザーだがね。さすがにiPhoneのディスプレイを撮影するためだけにMacBookを買う気にはなれない…。

 

ということで、Windows10でiPhoneの画面を撮影する方法を検索して調べてみました。

 

で、実際に録画がうまくいった方法をここで紹介しますね。

 

もちろん無料でできちゃいます。iPhone脱獄とか怖いこともしなくてOKです。

 

2つほどフリーのソフトが必要になるので、そのソフトの紹介からしていきま~す。

 

 

 

iPhoneとWindows10をAirPlayで同期させるソフト【LonelyScreen】

まず、下記のURLからLonelyScreen(ロンリースクリーン)という少し切ない感じの名前のフリーソフトをダウンロードしてきます。

 

http://as.lonelyscreen.com/

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

緑のボタンをポチッとクリックして、

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

青いボタンをポチッてクリックするとダウンロードが始まります。

 

 

そのままインストールまで完了させてください。

 

 

 

Windows10の画面の録画をするソフト【AGDRec】

次に、下記のURLからデスクトップを撮影するためのAGVRecというフリーソフトをダウンロードしてきます。

 

http://t-ishii.la.coocan.jp/download/AGDRec.html

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

「ダウンロード」と書かれた青文字リンクをクリックして、ソフトをインストールします。

 

 

 

iPhoneの画面録画の手順

では、実際にiPhoneの画面を録画する手順をサラッと紹介していきます。

 

まずは「LonlyScreen」を立ち上げます。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

普通にインストールすると、デスクトップに上にようなアイコンができるので、そのアイコンをダブルクリックして起動します。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

上のような画面が出てきたら、「LonlyScreen」の起動がうまくいっています。

 

次にiPhone側で「AirPlayミラーリング」を設定します。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

iPhoneを開いて、画面下からビローンと上にスワイプしてみてください。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

うまくいくと、上のような画面が出てきます。ポケモンGOでモンスターボールを投げるのに失敗したときに、ために出てくるアノ画面です。

 

で、左上の「AirPlayミラーリング」という部分をタップします。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

すると、先ほどWindowsで立ち上げた「LonelyScreen」が選べるようになっています。この「LonelyScreen」をタップしましょう。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

ビローンと下から出した時に「AirPlayミラーリング」だったところが「LonelyScreen」になっています。これで、iPhoneとWindowsパソコンの同期が完了です。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

パソコンの画面を見るとこんな風に、iPhoneの画面が反映しています。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

試しにみんゴルを開いてみると、こんな感じになります。

 

では、次はAGDRecを使って、デスクトップを撮影する工程に入りましょう。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

「コーデックの選択」で圧縮形式を選んで「OK」をクリック!私はいつもWindows Medea Videoを選んでます。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

画面下のタスクバーからAGDRecのアイコンを右クリックし、「領域指定録画」というのをクリックします。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

「新規領域のダイレクト指定」となっていることを確認して「OK」をクリックします。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

説明文を確認して「OK」をクリックします。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

ドラッグアンドドロップで領域を指定します。黄色くなってる部分が撮影したい領域です。

 

 

 

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

指定が終わると、このような画面になります。黄色い太線枠で囲っている中を撮影します。もう一度撮影する領域を指定しなおしたい場合は「指定をやり直す」をクリックしてください。

 

このまま撮影するのであれば、「録画を開始する」をクリック。とりあえず撮影領域の決定だけするのであれば、「処理を完了する」をクリックします。

 

これで画面が撮影できます。

 

ちなみに、「LonlyScreen」で同期するとiPhoneで起動しているゲームの音もパソコン側から出るようになります。

 

つまり、ゲームのプレイ画面と音声を両方とも撮影できるということです。これは便利!

 

 

実際に撮影してみたのがコチラ

↓ ↓ ↓

プレイは下手くそですが、動画はバッチリ撮れてますねっ^^

 

 

 

Windows10とiPhoneの同期を終えるには?

iPhoneの画面録画を無料でWindows10で行うために必要な2つのソフトはコレとコレっ!

始めに出した画面を下から出して「AirPlayミラーリングをオフ」という所をタップすれば同期が切れます。

 

 

 

 

これでWindowsパソコンを使っているiPhoneユーザーも、手軽にiPhone画面の撮影ができますね。

 

この記事が、どなたかのお役に立てれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です